ホルモンバランスの乱れで起こる顔汗。あなたは大丈夫ですか?

顔汗で困っている方の中には、更年期障害が始まってからという方も
少なくないはずです。
男性でも更年期障害はあるようなので、ぜひ記事を参考にしてみてください。

顔汗が出る根本原因はまだ解明されていません。
しかし、更年期障害を迎えることで顔汗の量がとても増えたという方は
かなりいらっしゃるようで、これはホルモンバランスが関係している可能性があります。

なぜホルモンバランスが関係しているのかというと・・・
女性ホルモンの減少によって、汗腺に働きかける物質が活発になり
汗が大量に発生するようになります。

という事は、改善策としては、女性ホルモンに似た成分が含まれている
食べ物やサプリメントを摂取することで、多少は顔汗を抑えることが出来そうです。

代表的なのは、大豆イソフラボンです。
イソフラボンは女性ホルモンに大変似た特徴があり、美容界でも
とっても有名な成分です。

大豆イソフラボンは、その名のとおり大豆から抽出される成分なので
豆腐や納豆などを食べるだけでもだいぶ違うようです。

また、ホルモンバランスを整えるのであれば漢方などを飲んでいる方も
いらっしゃるようです。

しかし、漢方は長いスパンで治療をすることが目的となるため
今すぐにどうにかしたいという方にはあまり向かないかもしれません。
漢方は全身のバランスを整えて良い部分の機能を活発にしてくれるので
長期にわたって飲めばかなり効果が期待できそうです。

お勧めの漢方は以下の3種類です。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・加味逍遥散(かみしょうようさん)

漢方は体質や体型に合わせて作られるものなので、一度相談に
行くのも一つの手です。

ただ、時間をかけて体質改善をしたいのではなく、今出ている顔汗を
今すぐにどうにかしたい!
そんな方は、制汗剤を使ってみたり手術を検討してみたりが一番の
近道になると思います。

ただし!
手術や注射にはデメリットもありますので、よく調べて自分に合った
解決策を見出してくださいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ