顔汗に遺伝は関係ある?

顔汗で悩んでいる方って、結構沢山いらっしゃるかと思います。
しかし、体質に心当たりがあるわけでもない・・・という方も多いのではないでしょうか?

そんな方は、ご家族に顔汗多汗症の方が居ないかを思い返してみてください。
実は顔汗多汗症というのは遺伝の可能性も秘めています。

顔汗多汗症には大きく分けて、2つの種類があります。
1つは生まれつき持っている原発性多汗症です。
2つ目は、他の病気によって引き起こされる続発性多汗症です。

また、多汗症には発汗する範囲によって分類されることもあります。
全身性多汗症と局所性多汗症という種類です。

局所性多汗症の場合は、生まれつきの種類である原発性多汗症が
多いといわれているようです。

さて、今回挙がっている顔汗というのは局所性多汗症に分類されるかと思いますので
生まれつき持っている症状となります。

実はこの顔汗というのは、海外で調査をしたところ、顔汗で悩んでいる方の
約60~65%の方がご家族の中に同じような症状を持つ方が居るという
結果が出ているんです。

多汗症患者のDNAを解析したところ、原因と推測できる遺伝子を
発見したそうです。
ただ、100%の確率で遺伝というわけではないので、ご家族に
多汗症の方が居ない方ももちろんいらっしゃいます。

なお、多汗症には体質と同じくらい精神性発汗も影響することが分かっています。
精神性発汗とは、主に緊張やストレス、動揺や興奮といったときです。
この時、交感神経が刺激されて、より多くの汗が分泌されます。

このように、生まれ付きの遺伝の関係だけではなく、自分を取り巻く
環境であったり、ストレスなどが影響することもあるようですね。

皆さんはどれに当てはまるでしょうか?
遺伝でしょうか?精神性発汗でしょうか?

どちらにしても、現在は様々な顔汗対策の方法がありますので
気になる方は調べてみると良いかもしれません。

私は個人的には手術などのリスクが大きい物よりも、顔汗専用の
制汗剤をお勧めしています。
ぜひ、探してみてください!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ