更年期による顔汗は防げるのか?

顔汗が出る原因は様々あるようですが、更年期障害で顔汗が酷くなった
という方はいらっしゃいませんか?
この症状を別名「ホットフラッシュ」といいます。

この更年期障害で起こるホットフラッシュは、普通の顔汗対策で
防ぐことは可能なのでしょうか?

まず、ホットフラッシュについて少しご説明します。
このホットフラッシュは時間などは関係なく、緊張やストレスなどで
突然起こる場合もあります。

症状の例としては、頭に血が上ったようにのぼせたり、顔や身体が
熱くなり紅潮してほてるといった症状などです。

また、急激に身体が冷えたり、上半身と下半身でほてりと冷えが
同時に起こることもあります。

ホットフラッシュが起こる原因としては、女性ホルモンの乱れにあります。
閉経によって卵巣の働きが悪くなり、エストロゲンが減少するため
自律神経のバランスが崩れて、血管の運動をうまくコントロール出来なくなることで
昼夜関係なく起こるのです。

ホットフラッシュは更年期障害の時期を過ぎれば解消されることが多いですが
あまり長引くようであればお医者さんに相談をした方が良いかもしれません。
というのは、長引くのであれば、更年期障害が原因ではない場合もあるからです。

さて、いよいよ更年期障害によって発生するホットフラッシュの
対処方法をご紹介します。

更年期障害の特徴として、外出などが億劫になるという特徴がありますがココがミソなんです。

ホットフラッシュの解消は運動が大切になります。
これは何故かというと、身体を動かさない分、汗をかかない生活が続くため
汗腺は休眠状態になります。

休眠状態が続くと、ワキや顔などの汗をかきやすい場所に集中して
汗をかくようになるのです。

このようにならないためにもウォーキングやスイミングなどで適度に
身体を動かして、汗腺をしっかりと働かせてあげることで顔汗なども
防げるようになります。

なお、普段着る物にも注意が必要です。

汗をあまり吸収しない物を着ていると気分的に嫌な気分になります。
吸水性のあるお洋服を着るように心がけ、また、ハンカチやタオルなどを
持ち歩くようにしてください。

ここで一つポイントです。

持ち歩くタオルなどには、ミントなどのアロマを数滴たらしておくと
汗のニオイを緩和してくれる効果やリラックス効果が期待できます。

なので、持ち歩くハンカチ・タオルにはアロマをしみこませておきましょう。
この時に注意するのは、アロマを直接お肌に付けてはいけないという事です。

アロマはハンカチやタオルの内側に浸みこませておくといいでしょう。

意外にも身体を動かすことが汗を抑える一番の近道だという事が分かりましたね。

しかし、どうしても身体が運動を拒絶してしまうと言った方は、顔汗だけでも
防げるように、顔汗専用の制汗剤などを使うのも一つの手かと思います。

その際は、自分に合った制汗剤を見つけて、お肌に刺激を与えない物を使いましょう。

更年期障害にも負けない顔汗対策をしていきましょうね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ