男性の顔汗、原因と改善・対策方法まとめ

顔汗の悩みは深いものです。メイク崩れだけではありません。
・常に顔から汗が流れてくるため、仕事などでも対面するのが辛い
・不潔だと思われそうで自信が持てない
・顔からの汗が気になって集中できない
などもあります。
従って、男性も顔汗に悩む方は多くいらっしゃいます。

そこで、男性の顔汗について、その原因と改善・対策方法をまとめましたのでご覧ください。

-男性の顔汗、原因は?
顔から滝のような汗が流れ出る場合は、多汗症である可能性が高いです。
多汗症とは、体温の調整が必要ではないときにでも、過剰に発汗してしまうことです。
ゆえに、寒い冬でも、顔から汗がダラダラ…といったことになり得るのです。

顔の多汗症、その原因は、いくつかあります。

▼自律神経の乱れ
顔面多汗症の原因で多いのは、この自律神経の乱れです。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、交感神経の働きのほうが勝ると、顔に汗をかいてしまうことがあるのです。

リラックスしている場合は副交感神経が勝っています。

しかし、緊張やストレスを感じている時は交感神経が勝ってしまいます。
交感神経は「体温調整をするエクリン汗腺」を司っています。交感神経が過敏になるため、エクリン汗腺に指令が送られ、どんどん汗が出てしまうのです。

ストレスや緊張を感じないようにするのは難しいですが、心にゆとりを持ち、なるべく落ち着いて、少しでもリラックスするよう心がけましょう。

▼運動不足や食生活の乱れ
エクリン汗腺とは、汗を分泌するための汗腺です。
全身に存在していますが、特に、顔と頭には集中しています。

運動量が不足していると、汗腺がうまく機能しなくなる可能性があります。
機能しなくなったら、もう汗をかけなくなるのかというと、そうではなく、体温調整が必要なときなど汗をかかなければならないタイミングで過剰に働いてしまいます。
そのため、少し暑いな、と感じる程度であっても、滝のような汗が顔から出てしまうことがあるのです。

また、食生活の乱れによっても引き起こされることがあるので、バランスのいい食事と、適度な運動は欠かせません。

▼ホルモンバランス
ホルモンバランスが乱れることによっても、顔から汗が出ることがあります。
これも自律神経の乱れに繋がります。

などがあります。
顔汗の原因は、基本的に男性も女性も同じなのですね。

では、どのような改善・対策をとればいいのでしょうか?

-改善・対策方法とは?
体質改善は大前提ですので、まずは、生活習慣を正すことを心がけましょう。
その上で、さらに行っておきたい改善・対策方法としては、
▼首を冷やす
頸動脈を冷やすことで、血行を抑えられます。
一時的ではありますが、汗かきの症状をやわらげる効果が期待できます。いざという時に使えます。
湿らせた冷たいタオルを当てるだけでもかなり違いますので、お試しください。

▼ツボ
いんげき、というツボが有効とされています。
場所は、手の平を表と考え、小指側の表の手首から、肘のほうへ1.5センチほど下がったところにあります。
親指の腹などで、押しましょう。

▼顔にも使用できる制汗剤
通常、制汗剤と言えば、体用なのですが、顔にも使用できる制汗剤としてサラフェプラスという商品が販売されています。
男性でも女性でも使用できます。
顔に使えるほどなので、刺激の強い成分は入っていませんし、無添加の安心できる商品です。
朝と外出中の2回、顔へ塗るだけという、お手軽なところもいいです。

などがあります。
特に、サラフェプラスは、使用者からの口コミなどの評価も高いですし、毎日使えるので、顔汗対策にかなりおすすめですよ。

参考記事⇒サラフェを男性が使ったレビューはこちら!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ