顔汗に体質は関係あるのか?

顔汗が出やすい体質の方は、体質だからと諦めていませんか?

確かに、遺伝や生まれながらに持っている体質の発汗というのは
なかなか治すのが難しいと言われています。
ましてや、女性はメイクをするため、顔汗をかいていたら化粧品の
消耗も激しくて、無駄な出費が生まれます。

しかし、全身にダラダラと汗をかくのはまだマシなんです。
確かに遺伝や体質だと治療は困難ですが、顔汗のみというのが
怖いんです。

顔にしか汗をかかないというのは、体質もさることながら全身の
汗腺がお休みしている状態だからという場合があります。

また、更年期が訪れる年代の方は更年期も疑ってみましょう。
更年期障害で訪れる顔汗多汗症は、時が過ぎれば落ち着いてきます。
いわゆるホットフラッシュという症状です。

運動不足によって顔汗が沢山出るという場合は、運動をする前に
半身浴などで、全身がちゃんと汗をかくような状態にする必要があります。
この際、顔からはなるべく汗を出さないようにしないといけませんので
顔には保冷材や冷たいタオルなどを当てましょう。

これで、顔以外の部位から汗がちゃんと出るようになったら、次は
ウォーキングやジョギングなどの適度な運動です。
だいたい、軽く息が切れてきたなぁと思う程度で最初は大丈夫です。

これを毎日根気よく行っていけば体質改善をすることができます。
が・・・

どうしても仕事で忙しかったりすると、なかなかそういう時間が
取れなかったりします。
その仕事に顔汗で影響が出ているのであれば、体質改善のような
時間のかかる対策ではなく、簡単にできる対策を行った方が賢明です。

そこでお勧めするのが、顔汗専用の制汗剤です。
私が知っている物だと、化粧下地代わりに使う事もできるので
化粧もちがよくなるようです。

手術やボトックス注射などもありますが、痛みを伴ったり
過程が怖かったり、費用がかかったりと、リスクやデメリットが大きいものです。

今何とかしたい!そんな方は制汗剤を使ってみるのが一番早いのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ