顔汗は運動不足で発生することもある?

顔汗の原因の一つに運動不足があります。

私も定期的な運動は心がけていないため、顔汗が大量に出ます。
特に夏場、空調の利いたオフィスなどで作業をしているとどうしてか
顔汗がダラダラと出ます。

これは実は、運動不足のせいで汗腺がお休み状態にあるのが原因なんです。
運動をしないことで、他の部分の汗腺が汗を分泌しなくなり、結果
顔汗だけが大量に出るという現象が起こります。

しかし、ただ運動をすればいいというわけでもないようです。
どのようにしてお休み状態の汗腺を起こせばいいのかというと・・・
「顔の汗腺をお休みさせながら」他の汗腺を活発にすることです。
一見、とても難しそうですよね。

これが実は結構簡単な方法で行うことができます。
手湯・足湯です。
これらは直接顔がお湯の近くにあるものではないので、手足の
血行が促進され、汗が出やすくなります。
この足湯などを毎日10分、1~2週間行うだけでもお休みしていた
汗の出口が広がって、顔から出る汗がおさまってくるようです。

とはいえ、やはり湯船の近くにいるとどうしても顔も温まってきて
汗をかいてしまいそうなものです。
そのような心配がある方は、保冷材や冷たいペットボトルなどを
おでこなどに当てておくといいでしょう。

このようにして、汗腺のお休み状態を解消したら、毎日ウォーキングなどの
軽い運動を習慣にしてあげると、汗が全身から出るようになり
顔汗を抑えることができます。

さて、顔汗の原因の1つは運動不足だということが分かりましたが
現代人はなんといっても忙しいんですよね。

朝早くから夜遅くまでお仕事なんてことは現在ではざらにあります。
そのため、運動をしている時間なんてないよ!という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、是非、顔汗専用の制汗剤などを使ってみるのはいかがでしょうか?
その時防ぎたいというのであれば、制汗剤は意外と頼りになる商品かもしれませんよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ