顔汗治療は何科の病院に行けばいいの?

顔汗は出来るだけ人に知られたくないものですよね。

汗っかきだけならいいですが、多汗症の可能性も大いに
あります。
病気が潜んでいる事もあります。

ですので、きちんと原因を知り、改善したというなら
病院へ通う事をおすすめします。
ですが、何科の病院へ行けばいいのでしょうか?
1.皮膚科を受診する

「精神的な発汗」なのか「体質的な発汗」なのかなどの原因
によって行く病院も違ってきますが、まずは皮膚科に
行きましょう。

ただ、ここで解決するのを期待せず、原因を知り治療の
過程の段階として考えておく方がいいと思います。
皮膚科の先生は実際、顔汗などの多汗症に詳しくない方が
多いようです。「病気ではないから心配ない」と軽くあしらわれる
場合もあるようなので、あらかじめ覚悟して行くと良いでしょう。
治療として『塩化アルミニウム』を処方されます。

水素イオンが汗腺に働き汗を生成しづらい状態を作り出すもので
多くの多汗症治療に使われています。

強い刺激を持つ化学物質なので顔汗の場合はかなり注意が必要です。
肌トラブルの原因となるので毎日の使用はおすすめできません。

2.原因が精神性発汗であると判明したら・・・

皮膚科で肌には異常がないと判断されると、心療内科を勧められる
事が多いようです。
勧められなくても、自ら受診することをおすすめします。

心療内科での治療は精神性発汗の原因を探るために、カウンセリング、
心身療法、自律訓練法(自律神経の働きを整える)もしくは、
精神安定剤などの薬物療法が行われます。

代表的な薬として抗コリン薬があります。

これは、交感神経の過剰な働きを抑えるもので、発汗を抑制する効果
のあるものですが、副作用もそれなりにあります。

のどの渇きや排尿障害、かすみ目、物忘れなどが挙げられます。
それでも解決しない場合は、
・漢方薬局
・美容整形外科(ボトックス注射での治療)
・内視鏡外科(ETS手術による治療)

という選択もあります。
また、多汗には甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などのホルモンの
分泌異常による病気や、糖尿病の病気のサインの可能性もあります。

遺伝性もある病気なので家族にこのような病気の方がいる方は
早めに内科を受診しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ