顔汗の根本的解決を目指すなら漢方はどう?

顔汗の改善法に漢方を選ぶ方も多いようです。

西洋医学の手術や治療よりも体に負担が少なく、根本的な
解決を求める方が選んでいる漢方をとはどういったもの
なのでしょうか?

東洋医学(漢方)では、健康な体を維持するのに「気・血・水」
のバランスが大切と考えられています。

このバランスが崩れることが病気の原因とされています。

汗を大量に書くことを”「水」や「気」を失う”と言われ、
多汗症は身体の力がなく、皮膚の緩んでいる為、汗もかきやすい
とされ、虚弱体質の人に多いと言われています。

顔汗の原因により処方される漢方薬も違います。
原因別に見てみましょう。

●精神的な原因

緊張、不安などのストレスから発汗するタイプなので、気分を安定
させる作用のあるものを処方。
 
・柴胡加竜骨牡蛎湯・・・精神不安、のぼせ、めまい、不眠などに作用
・柴胡桂枝乾姜湯・・・更年期障害、神経症や不眠などに作用

●食生活が原因

辛いものなどの刺激の強い食品、脂っぽいを好む人に見られる原因で、
余分な熱を作りすぎて体に溜め込んでしまうタイプ。
胃腸の熱を落ち着かせるものを処方。

・黄連解毒湯・・・消炎、鎮静、解熱、、胃炎、胃酸過多などに作用
・茵?蒿湯・・・消炎、利尿、口内炎などに作用

●肥満が原因

肥満により体内の水分、熱が生産されすぎてムクミやほてりから発汗
するタイプ。
肥満の根本的な解消、水分代謝を良くするものを処方。

・防已黄耆湯・・・多汗、ムクミ、利尿、頭痛、関節痛などに作用
・防風通聖散・・・肥満、高血圧、痛風、便秘、動脈硬化などに作用

●ホルモンバランスが原因

ホルモンバランスの乱れによりのぼせ、ほてり、ホットフラッシュからの
発汗タイプ。
ホルモン自体を安定させるものを処方。

・加味逍遥散・・・イライラ、便秘、肩こり、頭痛、更年期障害、
自律神経失調症などに作用
・女神散・・・自律神経失調症、月経不順、のぼせ、めまいなどに作用。

漢方薬で顔汗を克服するには、専門の薬剤師と自分のタイプと原因など
じっくりと話し合いながら体質に合った薬を処方してもらう事が大切です。

効果も即効性は期待できないので長い目で見てじっくりと付き合うと
良い結果が生み出せると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ