顔汗の改善方法、それで本当に大丈夫?

多汗症の中でも『顔汗』は人目にもつきやすい為、
気にしすぎたり、汗の事に過敏になり更なる汗をかく
という悪循環を起こしやすいようです。

そうはいっても気になるもの。

悩んでいる人は色々な改善方法を試していると思いますが、
その方法、本当に大丈夫ですか?

もしかすると、誤った改善方法で悪化の一途をたどっている
かもしれません!
●水分摂取を控える

汗が出ないようにと水分を摂るのを控える方が多いようですが、
あまり効果はありませんし、体内に老廃物が溜まって体調不良を
引き起こす恐れのあるほか、汗がドロドロの匂いのあるものになり
化粧崩れもしやすくなります。
●ボトックス注射や手術

一番手っ取り早い方法と思われがちですが、リスクも大きいので
注意が必要です。
ボトックス注射は安全と言われていますが、気分が悪くなるという
方も少なくないようです。
また効果も1年と持たないようです。

手術は術後に代償性発汗の危険性が指摘されています。
汗の気になる所が改善されたとしても体の機能の汗をかく
トータル量は変わらない為他の箇所からの異常な発汗が
見られるようになります。

人によっては自律神経失調症になったり、肌がケロイド状に
なるという例も報告されいています。
●制汗剤やデオドラントスプレー

毛穴自体を塞いで汗を一時的にでなくするというタイプの改善法
ですが、使いすぎる事で皮膚の炎症や発汗バランスが狂い体調が
悪くなる危険性もあります。

制汗剤を使うなら毛穴を塞ぐタイプはおススメできません。
もし、使うなら成分をきちんとチェックし、商品の説明書に
ある正しい使い方をしましょう。

他にも
●ツボを刺激して改善
●食生活の見直し
●ストレスを溜めない生活

などの改善方法がありますが、危険の伴う改善方法の3つを
挙げてみました。

ツボ、食生活の見直し、ストレスフリーの生活には危険は伴わない
のでコツコツ続けることで効果は出ると思います!
間違った改善法で顔汗が悪化したなんて事がないように
お気を付けください!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ