エコでナチュラルな制汗方法のミョウバン水って?

市販の制汗剤が多く出回っていますが、肌が弱い方は
トラブルになる事も多いようです。

そこで、自宅でも簡単に作れ、経済的で肌にやさしい
いいこと尽くしのミョウバン水をご紹介します。

◆ミョウバンとは?

食品添加物の一つで漬物の色持ちを保ったり、ベーキングパウダー
として使われるものです。

◆3つの作用

・殺菌作用
水に溶けると酸性になるので最近の繁殖を抑える事が出来ます。
これにより、肌が清潔な状態になるので水虫菌、ニキビ菌、アトピー
にも効果があるようです。
・制汗作用
歴史は古くローマ時代から制汗・防臭剤として使われていたようです。
市販の制汗剤よりお効果を感じる人も少なくないようで、持続効果も
あります。
・収れん作用
肌のたんぱく質を変質させ、バリアの膜を作り肌を引き締める
効果があります。
オイリー肌の人はミョウバン水での洗顔も効果があるようです。

◆作り方

材料・・・焼ミョウバン 50g
(生ミョウバンの場合は75g)
水 1.5?
空のペットボトル

①ペットボトルに水と焼ミョウバンを入れる。
②冷暗所で2~3日置く(ミョウバンを溶かす為)
③ミョウバンが溶けて透明の液になれば完成
④使用する際はこの原液を20倍から50倍に薄めて使う

※ミョウバン水原液はは冷暗所で保存可ですが、
薄めた液は冷蔵庫で保存し早めに使い切って下さい。
◆使い方

・薄めたミョウバン水をガーゼやコットンに浸して顔に塗る

・直接スプレーする

水が蒸発し、ミョウバンの成分だけが肌に残り、肌を弱酸性に
保って清潔な状態をキープしてくれます。
また、お風呂に入れるのもおススメです。
ワキガ、汗疹予防や、ニキビ予防、アトピーにも効果が
あるようです。

原液の薄め具合は肌の調子を見て最初のうちは薄めで試して
下さい。

肌が弱い方はパッチテストで一度試してから使用すると
安心だと思います。

体に害はないものの、濃すぎたりするとトラブルの原因になります
のでご注意ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ