ツボ押しは効果があるのか?顔汗を防ぐツボをご紹介

顔汗をかく方で、どうにもこうにもならなくて困っているという方は
ツボを試してみてはいかがでしょうか?

顔汗の原因も多々ありますが、緊張やストレスなどから来る精神性発汗であれば
ツボを押せば何とかなるケースもあります。

それでは、早速顔汗を抑えるツボをご紹介していきます。

まずは、労宮(ろうきゅう)です。
このツボは手のひらの中央にあり、ここのツボを深呼吸をしながら
5秒押して、5秒で離す・・・という作業を繰り返します。

次にご紹介するのは、合谷(ごうこく)です。
このツボは親指と人差し指の付け根にあるツボで、L字型に広げたときに
ちょうど中央にくるくらいの場所にあります。
このツボもまた汗を抑制してくれるツボとなっています。
ちなみに私は学生のころ、眠気覚ましにもこのツボを押していました。

次のツボは復溜(ふくゆ)というツボです。
このツボは意外にも脚にあるツボで、内側くるぶしの指3本ほど
下の位置にあるツボの事をいいます。
このツボは体内の水分量をコントロールしてくれる働きがあり
熱を下げてくれる作用があります。

どのツボも一度は耳にしたことがあるかもしれません。
しかし、ツボというのは私の経験上、下手だからか効果があまり
期待できませんでした。

今回ご紹介したツボで効果が期待出来た場合は、このツボ押しを
根気よく続けていくとお金もかかりませんし、楽に顔汗対策が出来るかと思います。

問題は押すという手間があるということ。
ツボ押しは何も力が必要な物ではありません。
しかし、ずっと押していると力を入れていなくても疲れてくるものです。

もっと手軽な対策方法はないのか?と考えている方は、手術や注射
制汗剤といったアイテムを使うのが良いかもしれません。
ただし、手術や注射はデメリットとして、他の部位からの汗が
多くなる可能性があります。

また、制汗剤のデメリットは長時間付けていると皮膚呼吸がしづらくなる
といったところでしょうか。

皆さんも自分に合った解決策を見つけてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ