汗をかくと顔が痛い!その原因と対策とは?

汗をかくと顔が痛い、かゆくなるという症状を経験したことはありますか?
激しいスポーツの後や暑い季節に起きるこのトラブル、経験した人はかなり多いみたいです。

 

 

汗をかいたらなぜ顔が痛いのか?
その原因と対処法についてまとめてみましたので、汗の肌トラブルで悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

 

 

汗の役割は体温調節

あまり自覚がないかもしれませんが、私たちはしょっちゅう汗をかいています。
汗にはどんな役割があるか知っていますか?

 

人間の身体は体温を常に37度前後に保つようにできています。
この温度は私たちが活動するのに最も適しており、一定の温度に保つことによって正常な生命活動を行うことができているというわけです。

 

しかし外気温は季節によって寒さや暑さが大きく変化しますし、代謝や運動によって体内は熱を放出しています。
温度差があっても体温を調節できるのは汗のおかげなのです。

 

汗をかくと皮膚の表面で水分が気体へと変化します。
そのときに体内の熱を奪い、体温を調節してくれているんです。
つまり私たちが生きていくのに汗の役割は非常に大きく、欠かすことができないといっても間違いではありません。

 

汗の種類と発汗

汗が出てくるところは汗腺といいます。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

 

エクリン腺は全身に存在している汗腺で、特に背中や頭・顔に多くあるといわれています。
エクリン腺から出るエクリン汗は酸性で、99%が水でできているのでサラサラしています。
アポクリン腺はワキの下や性器などの周りにあります。
アポクリン腺から出るアポクリン汗はアルカリ性で、タンパク質やアンモニアを含んでいて粘り気とニオイを伴います。

 

エクリン汗が出る理由は大きく3つ。
・温熱性発汗
・味覚性発汗
・精神性発汗

 

さきほど話したように熱かったり運動をしたときに体温調整するために汗をかく仕組みは温熱性発汗とよばれ、生理的な汗です。
熱いものや辛いものを食べたとき鼻や額・首などに汗をかくことがありますよね。
こうした食べ物による汗は味覚性発汗です。
強い緊張やストレス、不安などを感じた時には手のひらやワキの下に局部的に汗をかきます。
精神的なことが原因で汗をかくことを精神性発汗といいます。

汗が痛いのは乾燥が原因だった!?

このように汗には種類があり、発汗する理由もさまざまです。
ではなぜ汗をかくと顔が痛いのか。
それは肌が乾燥しているからです。

 

健康な状態の肌は弱酸性です。
エクリン汗は酸性ですので顔に汗をかくと一時的に酸性に傾きます。
しばらくすると肌が弱酸性に戻るため、痛みを感じることはほとんどありません。
しかし肌が乾燥していると本来備わっているバリア機能が働かず、痛いと感じたり赤くなってしまいやすくなります。

 

汗そのものが悪いのではなく、乾燥した肌が原因だったんですね。

 

乾燥トラブルを防ぐためには

乾燥肌はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。

 

・かゆみや赤み、ヒリヒリとした痛みを感じる
・ニキビや吹き出物など肌あれしやすい
・シミやしわができやすく老けてみえる
・化粧のりが悪くなる
どれも女性にとっては避けたい肌トラブルですよね。

 

乾燥肌は体質だと考えている人も多いようなのですが、正しいスキンケアを実践すればほとんどが改善するといわれているんですよ。
では、どのようなスキンケアをしたら良いのかをチェックしていきましょう。

化粧落としを怠ってはいけない

メイクをする女性にとって化粧落とし選びはかなり重要です。

 

化粧落としに使われるクレンジング剤はオイルやジェル、クリームなどさまざまタイプのものがあります。
乾燥肌の方にクレンジングオイルはおすすめしません。
洗浄力が強く、メイクをしっかり落とすことができるクレンジングオイルは肌に負担をかけやすいからです。
なるべく負担の少ないジェルやクリームを選びましょう。

 

クレンジング剤はメイクの油分を落とす作用があり、時間をかけていると肌に必要な皮脂や保護成分まで落ちてしまいます。
優しくメイクになじませたら、できるだけ早く洗い流してください。

 

化粧落としする場合、クレンジングのあとに洗顔をすると乾燥が悪化することがあります。
最近ではひとつでどちらの機能も備えたW洗顔タイプのものがたくさん出ていますので、一度で済ませて肌の負担を最小限にしましょう。

 

正しい洗顔方法

洗顔の画像
洗顔の基本は「泡で洗う」ことです。
洗顔料をしっかりと泡立て、こすらないように泡を乗せていくイメージで優しくなじませましょう。
洗う順番は皮脂の分泌が多い順にTゾーン、頬、目元です。
クレンジングと同様、短時間で終わらせるようにしましょう。

 

毛穴の詰まりをキレイにするピーリング、スクラブなどの洗顔料は乾燥肌には不向きです。
保湿効果があり、泡立ちの良いものを選んでくださいね。

 

保湿をしっかりと!

化粧品の画像
洗顔後はなるべく時間を置かずに保湿しましょう。
化粧水で肌を整えたら美容液、乳液、クリームの順番にスキンケアをしていきます。
肌にもともとある保湿成分のセラミドやアミノ酸など、高保湿作用が期待できる成分を使ったものを使うとより効果的です。

 

スキンケアはとにかく保湿することが大切です。
保湿や保水効果を重視して、たっぷりと肌にうるおいを与えるように意識してみてくださいね。

 

 

スキンケアだけでは不十分

顔に汗をかいたときの痛みは乾燥が原因ですので、正しいスキンケアをすればある程度改善することができます。
しかし、重度の乾燥肌の方はスキンケアだけでは改善が難しいですし、忙しいとスキンケアをする時間すらないときってありますよね。
つまり、これだけでは不十分なのです。
スキンケアも大切ですが、汗そのものをどうにかした方が早いかもしれません。

 

そこで見つけたのがサラフェという顔汗専用の制汗ジェルです。
サラフェは顔から出る汗を抑制し、1日中さらさらの肌がキープできるというのですから気になりますよね。

 

・発汗抑制効果の高い高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛
・ホルモンバランスを整える和漢シャクヤクエキス&アロマ
・皮脂を抑えて清潔な肌を保つ茶エキス&ワレモコウエキス
さらに保湿・保護成分も配合されているので乾燥肌にもぴったりだと思います。

 

汗に負けない肌づくりをすることは大切ですが、肌質を改善するためには時間がかかります。
スキンケアにも相性がありますので、肌に合う化粧品を見つけるだけでも大変ですよね。
その点、サラフェは制汗剤だから汗そのものを防いでくれますし、使い方はスキンケア後に塗るだけというお手軽さ。
時間もお金も節約できて良さそうです。

 

乾燥肌の方はちょっとした刺激からかぶれや赤みといった症状が出てしまいます。
サラフェは石油系界面活性剤やパラベンなどの添加物は使っていません。
低刺激なので肌が弱くても使うことができて安心です。

 

スキンケアだけでは汗対策が不十分ですから、サラフェを使ってサポートしていくのは想的ですね!

 

 

普通に生活していても汗はかきますが、スポーツをしている人や多汗症傾向の人は特に汗をかきやすいものです。
汗による痛みやかゆみなどの肌トラブルを防ぐためには、肌を乾燥させないようなスキンケアが大切です。
また、それだけでは足りないという場合にはサラフェのような顔汗用の制汗剤も組み合わせてみたら良いと思います。
さまざまな方法で上手に対策をして、快適な毎日を過ごしたいですね。
ぜひ皆さんも実践してみてください。

 

⇒サラフェの公式サイトはこちら

関連ページ

夏の化粧崩れの悩みにはこんな対策がオススメ!
夏は普段以上に化粧崩れに気を遣いますね。対策を色々と考えているかと思いますが、ここでは夏の化粧崩れ対策についてご紹介します。
顔汗による肌荒れを防ぐ方法とは?!
顔汗による肌荒れは女性の悩みですよね。顔汗で肌荒れしないための方法や対策などを詳しくまとめてみました♪
顔汗とテカリはメイクの大敵!
顔汗がひどいとテカリも...メイク崩れを防ぐためにも顔汗やテカリの原因はきちんと押さえておきましょう。
顔汗に効くツボにはこんなものがありますよ!
顔汗がひどいときはツボを押すのも一つの対策になります。顔汗を抑えてくれるツボってどこ?詳しくまとめてみました。
顔汗の原因はコレだ!
顔汗の原因はいったい何?顔汗の原因について調べたことをこちらで紹介しています。顔汗がどうにもならないという方はまずは原因から調べてみましょう!
顔汗のケアを間違えるとニキビができちゃうって本当?
顔汗はケアを間違えるとニキビの原因にも?顔汗とニキビの関係を調べてみました。
顔汗の悩みを漢方で解消しよう!
顔汗には漢方を使うというのもいいんですよ。どんな漢方があるのかご紹介しますので、顔汗のケアをしたいという方はご参考にしてくださいね。
顔汗を放っておくと肌トラブルの原因に!?
顔汗は気を付けないと思わぬ肌トラブルを招く可能性が!?顔汗が原因で起こる肌トラブルとはどんなものがあるのでしょうか?
顔汗対策のまとめ
顔汗の対策はどうしたらいい?意外と出来ていない顔汗の対策のまとめをご紹介します。